『加東うまいもんテイクアウト!』 ~加東市で「おいしい」持ち帰り~

飲食店のプロの味を自宅で楽しんでもらおうと、「加東うまいもんテイクアウト!」というWEBサイトを制作、現在、加東市内の42店舗(5/11現在)のテイクアウトメニューが紹介されています。担当者の寺本勝哉主任に伺いました。


(「加東うまいもんテイクアウト!」WEBサイト)

(編集者)今回は飲食業を取り上げた事業ですが、加東市の状況はどうですか?
(寺本主任)新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出を控えるように要請があったことから、加東市内の飲食店では売上が大幅に減少しています。

(編集者)取り組みを始めたきっかけをおしえてください。
(寺本主任)家庭では家の中で過ごす時間が長くなったことから、「週末ぐらいはおいしいものをたべたい」、「たまには贅沢したい」という思いが高まっていると聞き、飲食店と地域住民の双方のニーズを満たすために、「加東うまいもんテイクアウト!」サイトを制作することを決めました。

(海鮮ちらし:まるやま)

(編集者)募集やPRはどうしたのですか。
(寺本主任)4月15日から参加店舗の募集を開始しました。また、4月24日(土)にWEBサイトの案内用チラシを加東市内に新聞折込を行いました。翌日の25日(日)には神戸新聞の朝刊に記事として取り上げてもらいました。また、26日(月)からは市内のマンションに案内用チラシのポスティングを行いました。

(編集者)参加されたのは何店舗ですか。
(寺本主任)令和2年5月11日現在で42店舗まで増えました。

和弁当ほか:にしき)

(編集者)参加店舗の反応はいかがでしたか。
(寺本主任)売上が大幅に減少するなかスピーディーな対応でありがたい。売り上げにつながって助かったという声を聞いています。ほかにも多くの感謝のことばをいただきました。
「ホームページを見たお客様から、さっそくご注文いただいた。」
「予想以上に注文をいただいている。」
「掲載メニュー以外のメニューについてもテイクアウトで注文をいただき、売上に繋がっている。」
「テイクアウトの注文により、大きく落ち込んだ売上高が、少し回復して、厳しい状況のなかで希望をもらった。」 など

(ハンバーグピザ:小さな森の喫茶店ワイルドダック)

(編集者)利用者の反応はいかがですか。
(寺本主任)参加店舗を通じて様々な声を聞いています。どれも好意的な意見ばかりです。
「市内のいろんなお店のメニューが楽しめてうれしい。」
「外食よりリーズナブルな価格で楽しめるので良い。」
「こんなに多くの飲食店があることを初めて知った。注文してみる。」
「ボリュームがありお得!」
「外出できない状況でのささやかな楽しみです。」 など

(BLTCホットサンド:INVIGO)

(編集者)今後について教えてください。
(寺本主任)引き続き掲載店を増やすことで、加東市の「うまいもん」を多くの人に知ってもらいたいと思っています。今回の取り組みが加東市内の飲食店の売上回復につながればと願っています。

(編集者)ありがとうございました。

 

【関連リンク】
『加東うまいもんテイクアウト!』 https://kato.tsukote.com/