兵庫県の新型ウイルス感染症にかかる休業要請の見直し等について

兵庫県では、休業要請の対象だった一部の遊興施設、運動・遊技施設、集会展示施設、ならびに、営業時間の制限を要請があった食事提供施設については、5月23日0時から要請が解除されました。
また、再開後についても、業種ごとの感染拡大予防ガイドライン等に基づき、「3つの密」(密閉、密集、密接)の回避、感染防止対策の徹底について、協力のお願いがありました。

一方、全国でクラスターが発生した一部の施設等については、休業要請が解除されていません。

【クラスター発生施設及び類似施設】キャバレー、ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店、バー、カラオケボックス、ライブハウス、ダンスホール、ダーツバー、パブ、性風俗店、スポーツジム

 

兵庫県のホームページ等でご確認ください。